南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
レーシックについてよく聞かれる質問・その
0

    こんにちわき
    9月になり沖縄もやっと朝晩は涼しくなってきましたねonpu03
    昼間はまだまだ暑いですが季節の変わり目で体調管理には気を付けてくださいねハート



    「レーシック手術後にまた近視に戻ることはありますか?」
     
    この質問も結構多いのですが、答えから言いますと「イエス」になります!!
    え〜エクステンションという声が聞こえてきそうですが、ご安心ください手

    さて、今回は「手術後に近視に戻る可能性と原因」について紹介していきたいと思います。
     

    まず先ほど「レーシック手術後に近視に戻りますか?」という質問について
    「イエス」とお答えしましたが、手術前の近視すべてが戻るわけではありません。
    また確率で言いますと、全体のわずか5%の方が近視に戻る可能性があります。
    逆に95%以上の方が近視の戻りもなく、日常生活に支障のない視力を維持しています。
    レーシックの視力回復は半永久的に持続すると考えられていますが
    あくまでもレーシックは現時点での視力を矯正する手術です。
    近視が手術後に進まないことを保証するものではありません。
     

    近視が戻る原因としましては、主に2つあります。
    1つ目が、角膜が治ろうとする働き、つまり角膜の再生(上皮細胞層の肥厚化)にあります。
    当院ではこういった近視の戻りも計算して手術を行っていますので、ご安心ください。
    しかし、再生力には個人差があるため、わずかの近視が戻る場合があります。


    2つ目は、手術後に眼軸長が伸びて近視が戻ることがあります。
    まず眼軸長とは、図のように角膜頂点から網膜までの長さのことをいいます。
    レーシック手術を行い網膜にピントを合わせ正視になるように角膜を削るのですが
    手術後に眼軸長が伸びてしまうとまた近視になってしまいます。
    手術後にどのくらい眼軸長が伸びるのか、それもまた個人差があります。
    年齢の若い方や近視が強度のかたほど近視が戻りやすい傾向があります。

    いかがでしたか?
    これらの点で答えを「イエス」にしましたが、ほとんどの患者様が近視の戻りもなく、快適な視力を得ています手
    また万が一、術後近視が戻ってしまっても、 初回手術から5年以内であれば無料で再手術を受けることができます。
    ただし、角膜に十分な厚みが残っていなかったり、医学的な理由で再手術ができない場合があります。
    手術後の角膜の厚さはレーシック手術前の検査で把握でき、 十分に手術前に説明しますのでご安心ください。

    こういったアフターケアや蓄積された再手術のノウハウが 当院を選んでいただける理由の一つだと考えており、
    私たちスタッフも自信を持って患者様一人一人に最高の医療を提供するために日々努力しております。
    眼について分からないことや困っていることがありましたらどうぞお気軽にご相談下さいにたき

    | 南城眼科 | レーシック | 08:19 | comments(0) | - |
    LASIKについてよく聞かれる質問ーその
    0
      こんにちは楽しい
      夏本番になり、暑い日が続きますが夏バテはしていませんか?
      元気な子供たちに負けないように、健康的な生活を心掛けていきましょう時計ぴかぴか
      南城眼科では小児の検査も行っております。
      眼の事で何かお困りの事がありましたら、夏休みを利用して一度お子様の受診を嬉しい

      さて、今回も「LASIKについてよく聞かれる質問ーその」と題して、
      患者様から多く聞かれる質問にお答えしていきたいと思いますひらめき

      今回は「術後の合併症」。
      その中でも、手術を受けた多くの方に生じる合併症について説明していきます。

      患者様から、術後痛みはありますか?すぐ見えるようになるのですか?
      とよく質問を受けます鉛筆2
      大切な眼の事ですから、術後生活にどれほど支障が出るのか気になりますよね悲しい汗

      それではまず、術後の痛みについて。
      LASIKでは、手術当日にまれに異物感(ゴロゴロ感)やしみる感じがあります。
      眼にメスをいれるわけですから、傷口が出来るのは当然ですよね汗
      しかし、この症状はほとんどの方は翌日までに消失します。
      ※A-PRKでは手術翌日迄ある程度の痛みがあります。

      そして、術後の見え方について。
      LASIKでは視力は比較的早く改善します嬉しい
      当院でも多くの方が、翌日の検査では1.0〜1.5の視力がでており、クリアな視界を感じています見る
      ただ、手術直後に霞みや近くがやや見えにくくなることがあります。
      どちらも徐々に改善していきますので、ご安心を!
      (※術後の老眼については、前回の回をご覧ください。)
      A-PRKでは手術直後は全体的にぼやけて見えない状態になりますが、
      こちらも角膜上皮が再生するにつれて1週間程かけて徐々に視力は改善します。
      (人によっては2,3日でクリアに見える方もいらっしゃいます。)

      下記が術後点眼して頂く目薬となりますおはな
      左から抗菌薬、炎症止め、ドライアイ用点眼薬となっています。



      今回説明した合併症は術後多くの方が感じており、
      いずれも点眼をしっかりと行っていく中で、経過と共に改善していきますので
      それ程心配する症状ではありません楽しいグッド

      また一つLASIKに対する皆様の不安を取り除けたでしょうか?
      次回も患者様からの質問に対してお答えしていきます!!
      お楽しみにぃ〜るんるん




       
      | 南城眼科 | レーシック | 16:45 | comments(0) | - |
      LASIK術前検査について
      0
        こんにちは豚受付スタッフの富田と申します楽しい
        1年半の育休から復帰し、久し振りの仕事にてんやわんやの毎日を送っております汗
        今後も皆様が安心して通院出来るよう、サービス向上に努めて参ります!!
        よろしくお願いします楽しい

        さて、前回はLASIK適応検査についてご説明させて頂きましたひらめき
        今回はその次に行う「術前検査」の内容についてご案内していきたいと思います!!

        LASIK術前検査は、
        1屈折検査
        2角膜曲率検査
        3角膜形状解析検査
        4視力検査
        5優位眼
        6角膜厚測定
        7光学的眼軸長測定
        8散瞳(両眼)
        9コンサルテーション

        という内容になりますが、
        適応検査時にも行う14の検査については今回割愛させて頂きます悲しい

        適応時に比べ検査の内容も増え、なんだか難しそうな名前の検査が並んでいますが...あせあせ
        術前検査はより詳しく眼の状態を見ていく為、
        皆様にお時間を頂きこのような検査内容となっております。
        名前だけ見ると怖い検査に感じられますが、
        大丈夫です!!痛みを伴う検査は何ひとつありませんのでご安心下さい楽しい

        それでは、更に皆様に安心して検査を受けて頂けるよう
        残りの検査についてもご説明していきます。

        5優位眼
         利き眼を調べる検査になります。手にも利き手がある様に、眼にも利き目があるのです。
         手術時の度数決定の参考に行います。


        6角膜厚測定
         パキメーターという器械を用いて、角膜の厚みを測定します。
         ちなみに、日本人の角膜中央部の平均値は約530㎛(マイクロメートル)です。
         ガイドラインで定められた厚みに足りない場合はLASIK手術は出来ません。


        7光学的眼軸長測定
         IOLマスターという器械を用いて、眼の長さを測定します。
         成人で正視の場合は約23.5个任后
          ※正視➟遠くを見た時にちょうど網膜上にピントがある状態。


        8散瞳(両眼)
         散瞳剤を点眼した後、主に硝子体・網膜・視神経などに異常がないかを検査します。
         近視の眼はもともと緑内障や網膜剥離の発生頻度が高く、そのような病気がないかなどを調べます。
         点眼後は5〜6時間眩しく、近くのものが見えにくくなる為、
         薬の効果が切れるまでは、危険な為お車の運転は出来ませんのでご了承ください。
         お車での来院をご希望の方は、お付添いの方とお越しいただくか、当院の送迎ご利用をご案内しております。
         送迎をご希望の方は当院スタッフまでご相談下さい。
         ←当院の送迎係の當山君でするんるん

        9コンサルテーション
         眼の構造、手術後に予測される合併症、手術時・術後の注意事項等をガイダンスを用いて、
         詳しく説明していきます。適応検査時にお渡しする資料を読んで、疑問に思った事は何でもご相談下さい。

        以上がLASIK術前検査の内容となります。
        どうですか?何となくイメージ出来たでしょうか?

        術前検査に要する時間は、コンサルテーション含め約2時間を予定しています時計
        ご予約が必要になる為、適応検査時に手術を含め看護師と日程を組んでいきます。
        検査費用については、手術代金に含まれているため費用は発生しません財布
        (但し、当日の眼の状態によりお薬の処方が必要となった場合は、お薬代等諸費用が必要となります。)

        皆様が安心して手術を行えるよう、スタッフ一同細心のケアを心掛けております。
        ご不明な点やご質問等ありましたら、いつでもお気軽にスタッフまでお尋ね下さい。

        それでは、次回の更新もお楽しみにるんるん










         
        | 南城眼科 | レーシック | 09:29 | comments(0) | - |
        レーシック適応検査について
        0
          こんにちはスマイル
          今回はレーシック手術を希望される方に必ず受けて頂く適応検査についてご紹介します。
          適応検査ではさまざまな検査機器を用いて検査を行い、レーシックが出来るか出来ないかの診断をします。
          そこで適応検査で必ず受けて頂く検査項目についてご紹介します。

           

           
          上の写真の機械で主に3つの検査を行います。
          ・屈折検査
          この機械で眼を撮影するだけで近視、乱視の度数を一瞬で測定します。
           
          ・眼圧検査
          この検査は苦手な方も多いと思います。眼に風をピュッとあてて眼の硬さを測定します。
          ちなみに私も苦手ですが、痛みは全くないのでご安心ください手
           
          ・角膜曲率検査
          黒目の部分のカーブを測定します。LASIK手術では重要な意味を持つ数値です。


           
           

          ・角膜形状解析検査
          続きまして、上の写真の機械では眼の表面(角膜)の写真を撮って、表面の形状を検査します。
          この検査ではレーシックを受ける事の出来ない円錐角膜(眼の表面が異常にとび出している状態)などではないか調べます。


           


           
          次にこちらの機械では主に2つの検査をします。
          ・角膜内皮細胞検査
          実は眼の表面(角膜)は5つの層でできています。その1番内側の層にある細胞の数を検査します。
          成人の方で1ミリ四方で約2,500〜3,000個の細胞があるのですが、
          コンタクトレンズの使用状況や加齢と共に減少します。
          そこでレーシック手術が不可能なほど細胞の数が減少していないかを検査します。
           
          ・角膜厚検査
          手術前に角膜の厚みが一定量あるかどうかもこの器械で検査します。術前検査でもう一度違う測定方法で検査をします。
          ガイドラインで定められた厚みに足りない場合はLASIK手術はできません。


           


           
          ・涙液検査
          この黄色の糸を眼とまぶたに挟んで、どのくらい涙が分泌されているかを測定し、
          ドライアイの有無やその程度を把握します。



           
           

          ・視力検査
          この機械を見たこと、やったことある方は多いと思います。
          そうです、「」のマークを使って遠くの視力測定をします。
          また、近方検査用の本を使って近くの視力検査もします。
           

          このようなさまざまな検査を行い、手術可能かを診断します。
          また、適応検査の受付→検査→診察→お会計の流れで約40〜50分お時間がかかりますので、
          受診の際はお時間に余裕を持ってご来院ください。
          次に適応検査の費用につきましては、保険証提示にて3割負担の方で3,000円前後になります。
          適応検査にて受診される場合は保険証のお忘れのないようご注意ください。
           
           
          レーシックの適応検査についてご説明しましたがいかがでしょうか。
          5人に1人の方はさまざまな理由でレーシックを受けられない事がこの検査でわかります。
          レーシックを受けるか受けないかでお悩みの方はまず適応検査だけでも受けて頂くことをお勧めします。
          その際にご質問や不安な事がありましたら、医師、看護師、検査員より、解りやすく丁寧にご説明いたしますので、
          どうぞお気軽にご相談ください。
           

           
          | 南城眼科 | レーシック | 10:08 | comments(0) | - |
          LASIK術中注意事項について
          0
            こんにちは
            南城眼科スタッフ比嘉ですゴン太

            最近、運動不足が悩みの私です汗汗
            だんだん暖かくなってきて運動しやすい季節になってきましたし
            ウォーキングでも始めてみようかなと思う今日この頃です走るDoCoMo

            皆様は、春になにか挑戦したいことはありますか?
            卒業シーズン桜ということもあり南城眼科には進学・就職を前に
            LASIKを受けられる方も増えていますよ。

            というわけで、
            今回はLASIK手術中の注意事項についてお話したいと思います。

            ー蟒兪阿魔面咾鯒潅絅掘璽箸埜把蠅垢襪里妊泪張┘の方は、
             エクステが外れることもあります。


            開瞼器つけている時は、強く瞬きしないようにしましょう。
             白目を向いてしまい、傷つけてしまう事があります。
             また、大きく瞼を開くので、瞼の手術で糸が入っている場合は
             気をつけて施術しても切れてしまう可能性があります。

            手は下に下ろした状態で、体は動かさないようにしましょう。

            そ冀羸橘未卜个慮とその周囲4か所にオレンジの光が見えます。
             フラップをめくると光はぼやけますが、可能な限り中心の緑の光
             を見ていて下さい。

              
               目が動いてしまったらどうしようとご心配の方、ご安心下さい。
             基本一点を見て頂きますが、少々目が動いても
             追跡機能アイトラッキングシステム(自動追尾装置)がついているので大丈夫ですよき
             でも動かないにこしたことはないので、リラックスして緑の光を見ていましょう。

            ※この追跡機能のもともとは軍事用に開発された技術で、
             戦闘機のミサイルが、発射の時に照準をロックオンすると
             攻撃対象をどこまでも追いかけていくのと同じシステムなんです。

             これらは、手術を安全に行う為には必要不可欠な事項です。
             皆様のご理解とご協力よろしくお願いいたしますお願いきらきらきらきら
             
            | 南城眼科 | レーシック | 12:17 | comments(0) | - |
            レーシックについて 手術室ってどんな感じ?
            0
              こんにちはkyu
              南城眼科スタッフの宮里和ですリラックマVer.2onpu03

              まだまだ肌寒い日が続いておりますが
              皆様 元気にお過ごしでしょうか。
              体調管理に気を付けて寒い冬を乗りきりましょう。

              さて、今回のテーマはLASIKです!
              本日は院内の様子を紹介させて頂きたいと思います。

              手術当日き
              検査・お薬説明が終わると手術室にご案内致します。
              ≪手術室前≫

              ≪手術前室≫

              手術前に消毒・点眼を行う部屋です。
              この部屋で準備が終わると手術室に案内されます。

              ≪手術室≫

              術中、皆さまに少しでも、リラックスして頂けるよう手術室は
              広々とした空間となっております。
              緊張を和らげる為に、BGMを流し、
              よりリラックスして頂けるよう努めています。
              手術室の温度は18℃、湿度は40%に設定管理させて頂いております。
              温度設定が低めとなっており、寒さを感じる方が多いのですが
              エキシマレーザーの特性上、一番適した設定管理を行っております。
              このように温度管理を徹底する事で、
              より安全にレーザー照射・手術を行う事が出来ます。
              安全管理のために温度設定をしており、手術室内はかなり冷えますエクステンション雪だるま
              手術を受けられる方には防寒対策をお願いしております。

              ≪リカバリー室≫

              手術が10分程で終了すると、手術室の隣にあるリカバリー室でお休み頂きます。
              リカバリー室もゆっくりお休みいただけるように
              照明やBGM・寝具にもこだわっており、
              リラックス空間をご提供させて頂いております。
              こちらで15分程お休み頂き、ご帰宅となりますニコッ

              手術というとどうしても不安・緊張などあると思いますが、
              ホームページ上ではなかなか紹介できない部分をブログを通して紹介し
              皆様の不安が少しでも安心に変われば幸いですき
              | 南城眼科 | レーシック | 17:14 | comments(0) | - |