南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
LASIKと眼底疾患
0

    こんにちわ

    最近 沖縄でも雪が降るんじゃないか・・・と思うような極寒が続いていますが、皆様は大丈夫ですか?

    こんな日は、こたつに入って温かいココアでも飲みたいですね。

     

     

    では、本題へ

    今回はLASIKと眼の奥の疾患についてのお話です。

     

     

    まずは、LASIK通常の流れのおさらい
    ‥応検査(適応であれば)→⊇兪宛〆(問題なければ)→OPE

    という流れになっています。

     

    △裡味腺咤稗暴兪宛〆困任六尭渓(ミドリンP)を使い眼の奥に異常がないか詳しくみる検査を施行します。

    散瞳薬を使用すると黒目(瞳孔)が開き眼の奥が見やすくなります。

     

     通常の瞳孔(黒目)2.5mm〜4.0mm    散瞳時(黒目)5.0mm以上

     

     

     

    近視の眼は緑内障・網膜剥離の発生頻度が高いのでとても重要な検査になります。
    また、瞳孔を開くことにより眼の緊張がとれるのでより正確な度数を測る為、散瞳後もオートレフケラトメーターという

    機器を用いて測定しています。

     

    この散瞳検査の際、眼の奥に病気が見つかるケースが時々あります。特に多いのが網膜裂孔です。

    網膜裂孔とは漢字の通り眼の奥、網膜に裂け目が出来ることです。網膜裂孔がある状態でそのままLASIKをしてしまうと

    網膜剥離になってしまう恐れもあるので、そのまま手術をうけることはお勧めしません。
    LASIKを希望している場合は、網膜光凝固術(レーザー)にて裂け目の周囲を焼いてのり付けする方法を提案しています。

    そうすることで剥離になるリスクをなくすことが出来るのです。

     

     

                   

                  

    裂孔

     

    レーザー痕

     

     

     

        【網膜】

            

     

    レーザー後は、落ち着くまで1ヶ月ほどかかります。その間はLASIKをうけられません。
    レーザー箇所が固まったか、しっかり確認を行い問題なければ改めてLASIKをうけることが出来ます。

     

    散瞳検査をすることで意外な病気を見つけることが出来るので、

    眼科を受診したことがないという方は、1度受診することをお勧めします。
    特に気になる症状がなくてもお気軽に受診して下さい。お待ちしております。

    | 南城眼科 | - | 12:48 | comments(0) | - |
    LASIK前のコンタクト
    0

      こんにちはキャラメル・パインちゃん@ぴよたま

      急に寒さも出てきて沖縄もようやく

      冬らしくなりましたね〜雪雪

      みなさん風邪など気を付けてください

       

      LASIK手術を考えているかたは、普段コンタクトレンズやメガネで
      生活されている方がほとんどだと思いますオレンジ


      当院に適応検査を受けに来られる方のほとんどがコンタクトやメガネを煩わしく思い、
      手術を希望される方がほとんどですまーく


      コンタクトやメガネから解放されたいけど・・・

       

      『適応検査にコンタクトして行って良いの?』

       

      『手術までコンタクト装用はダメなのかな?』

       

      といった質問もよく聞かれるので今回はこのLASIKとコンタクトに関するお話を
      していきたいと思います手


      まずは当院でLASIKの手術を希望される方は

      はじめに適応検査を受けて頂き、その後 術前検査、手術の流れとなっております。


              四葉のクローバーコンタクトレンズの装用中止期間四葉のクローバー


      適応検査 →→→ コンタクト装用したまま受診して頂いて大丈夫です。

       

       

      術前検査 →→→ソフトコンタクトを装用している方は術前検査の3日前から装用中止
             ハードコンタクトを装用している方は術前検査の3週間前から装用中止


       

       手術  →→→術前検査同様に手術の3日前からコンタクト装用中止となっております。ですが、術前検査前にコンタクトを 

             装用中止して頂いているので引き続き手術日まで装用中止をお勧めしております。

       

       

      なぜコンタクトをできる限り長く装用中止をお勧めするかというと・・・

       

       

      コンタクトを装用すると、角膜の形が変わってきます。
      角膜の形状が変わっていると術後の結果にも影響してくる可能性があるからです。

       

      当院では適応検査・術前検査・手術当日の3回は必ず検査があります。

      そこで角膜の形状がそれぞれ違っていたり、視力の変動があった場合は手術を中止・延期し

      追加での検査をお願いする場合があります。

       

      一度削った角膜は元に戻せないからこそ、慎重に検査をしていきます。

       

      LASIKは手術時間も短くあっという間に終わる手術ではありますが、安全に正確な手術を行うためにも
      コンタクトの装用期間はとても重要ですびっくり


      もし手術を早めにしたい〜と検討しているのであれば、適応検査の前から早めにコンタクトを装用を
      中止した方がご案内もスムーズにできるかも知れませんおかお(幸せ)

       

      何か気になる事があれば南城眼科までお問合せ下さいheart

       

       

      | 南城眼科 | レーシック | 11:13 | comments(0) | - |
      鳥目(夜盲症)について
      0

        門松明けましておめでとうございます門松

        南城眼科は

        2017年1月5日(木)より診療開始となります。

        今年度も南城眼科スタッフ一同宜しくお願いいたします。

        今年は酉年鳥ですね。

        今回は酉年にちなんで鳥目について紹介したいと思います。

        一般に鳥類は「鳥目」といって、夜になると目が見えなくなるため

        活動できず、巣やねぐらに帰って寝ているものだと考えられています。

        その鳥の特性に似ていることから、人間でも夜になると見えづらくなる

        症状がある人を「鳥目」と言ったりします。

        鳥目とは本来ニワトリのことを指したものをいいます。

        ニワトリは元々視力がとても弱い生物なので、暗闇ではほとんど見えません。

        人間の「鳥目」の本来の名称は「夜盲症」といいます。

        夜盲症ってどんな病気?

        明るい所から暗い所に入ったとき、最初はよく見えなかったが時間が経つと

        暗さに慣れて見えるようになってくるという経験は誰でもしたことがあるのでは

        ないのでしょうか。これを「暗順応」といいます。この機能が上手く働かず、

        暗い所で見えにくいままの状態になってしまう病気を夜盲症といいます。

        【症状】

        夜盲症の代表的な症状は、暗い所や夜になると見えにくくなることです。

        暗い所では見えにくいのですが、明るい所では普通に見えるので、夜盲症が

        あっても気づかない場合もあります。暗い所になるとつまずいたり、よく

        物にぶつかったりするといった症状で「おかしいな…」と気付く場合もあります。

        子供の場合は特に自分の口で上手に症状を伝えることができないため、発見が

        遅れてしまうことがあります。お子さんが暗くなると見えにくそうにしていることが

        ないかなど、周囲の大人が子供の以上に気付いてあげることが大切です。

        夜盲症はどんな見え方?

        例えば上映中の映画館に入ると中は真っ暗ですが、しばらくすると暗さになれて

        少しずつ見えるようになってくると思います。お化け屋敷などに入ったときも

        同じです。ところが、夜盲症の場合には暗順応がうまく機能せず、暗い場所に

        入ってすぐの「暗い」と感じる状態のままで、周囲が見えるようにはなりません。

        夜盲症の原因となっている病気によっては、暗順応が極端に遅い(3〜4時間かかる)

        ものの時間の経過とともに少しずつ目が慣れてくることもあります。

        その為、全ての夜盲症が暗い所で全く見えないというわけではないです。

        夜盲症の見え方は、実に人それぞれなのです。

        【原因】

        夜盲症には先天性夜盲症と後天的夜盲症があります。

        その中でも先天性夜盲症はさらに

        ・先天性進行性夜盲症と

        ・先天性非進行性夜盲症に分けられます。

        《先天性進行性夜盲症》

        幼児期に始まり少しずつ進行しながら、最終的には視野が狭くなったり、視力低下していきます。

        先天性進行性夜盲症として代表的なのは、網膜色素変性です。光を感じる網膜に異常がみられる

        遺伝性の病気です。難病指定されている疾患です。

        《先天性非進行性夜盲症》

        幼児期に夜盲症があっても進行はせず、視力低下や視野には異常をきたしません。

        その為、暗い所以外ではごく普通の日常生活が送れます。

        《後天性夜盲症》

        原因としてはビタミンA欠乏症や、網脈絡膜炎などの網膜疾患があります。

        戦前に比べると現代の食生活は改善されているので、ビタミンA欠乏症による

        夜盲症は近年ではあまりみられません。

        夜盲症であったとしても、明るいところでは視力があり普通の生活をしているので、

        なかなか気付かない場合も多くあります。しかし暗い場所になると極端に他の人

        よりも見にくくなってしまうので、暗闇での独り歩きは危険です。周りが

        気づかって手を引いてあげたり、腕を貸してあげたりしましょう。

        | 南城眼科 | - | 15:53 | comments(0) | - |
        シベリアンスカンクさんから5周年のお祝いいただいちゃいましたー!
        0

          はいたーい!

          すっかり夜も寒くなってきましたが、皆さんお元気ですか?

          南城眼科は2011年11月11日のスーパーポッキーの日に開業したので今年でもう5周年なんですね!

          そこでなんと!

          あの!

          シベリアンスカンクさんから5周年のお祝いに上等な泡盛いただきましたよー!!!

          松田社長!ありがとうございます!!

           

          シベリアンスカンクさんは言わずと知れた豊見城が生んだスーパーかっこいいロックバンドですねー

          映画ハルサーエイカーの主題歌も歌っていましたよ。

          年間100以上のライブを精力的にこなしていて

          12/28にはミュージックタウン音市場ホールでカプコンライブ

          12/31には糸満でカウントダウンライブを予定してますので是非みなさん応援しましょう!!

           

          そしてリーダーのジュンタさんはなんと!!南城眼科が開院してすぐにLASIKを受けているんです!

          その頃はまだプロデビューもしていない頃だったそうです。

          そして今年の5月には南城眼科プレゼンツ、RBCラジオ みーぱちパーチにご出演いただきました。

          その時の打ち上げの様子がこちら!

           

          一人右端にご陽気な放送作家さんが混じっていますが、貴重なプライベートショットです!

           

          6年目を迎える南城眼科も大活躍のシベリアンスカンクさんの勢いに便乗させていただき、頑張ってまいりたいと思います!

           

           

          | 南城眼科 | その他 | 08:58 | comments(0) | - |
          A-PRK
          0

            今年も、もう12月ですねクリスマスクリスマス

             

            今回は屈折矯正術の中のひとつA-PRKについてのお話です目

             

             

            ◎A-PRK◎

            点眼麻酔をした後に薬剤を用いて角膜上皮を取り除きます。

            その後に近視、乱視の度数に合わせて、角膜実質にレーザーを照射していきます。

            取り除いた角膜上皮が再生するまでの間は痛み(ごろごろ感)があります。

            痛みをやわらげ、上皮の治りを助けるためにソフトコンタクトレンズを装用します。

            フラップを作らない為、直接眼に衝撃が加わる可能性があるスポーツ(ボクシング・格闘技など)

            される方に適しています。

             

            術後に

            ・1週間視力が出づらい

            ・約、1週間運転不可

            ・2〜3日痛み(ゴロゴロ感)がある可能性あり

            ・3ヶ月保護用メガネ使用(紫外線・上皮混濁予防の為)

            ・半年以上目薬継続の可能性あり(上皮混濁予防の為)

            こういった矢印矢印矢印矢印注意事項があります。

             

            <メリット>目きらきら

            ★角膜の切除量が少なく済む

            ★角膜の薄い人でも手術が可能

            ★角膜内部への影響が少ない

            ★乱視、遠視の矯正にも有効

            ★術後の角膜強度が保てる

            ★フラップ作成に伴う障害がない

            ★ハロー、グレア(光の羞明感)などの副作用が出にくい

             

            <デメリット>

            ☆角膜上皮の再生まで痛みが伴う

            ☆角膜表面の保護用コンタクトレンズを装用しなくてはならない

            ☆手術後に角膜が濁り(HAZE)が出る可能性がある

             

             

            A-PRKは、前述したように、「2〜3日間はゴロゴロ感がある」「視力回復が遅い」「角膜上皮混濁の予防の為に、数ヶ月間は紫外線から眼を保護しなくてはいけない」などの欠点があり、レーシックの方がすぐれているような気がしますが

             

            ちょっと!小耳にはさみました

            実は米海軍、兵隊などのパイロットにも許可されるほどの安全性が高く、視力が安定するまでには1週間ほど

            かかりますが、安定すればスッキリ感も良く元の角膜と同じ構造を保つことができるため強度も保つ事ができ、

            非常に優秀な術式とも言われています。

            PRKのほうが医学的には優れていますが、レーシックのほうが回復が早いので患者様に選択されやすいんですね。

            冬休みにレーシックを検討されている方はPRKも選択肢にいれてみるのもいいと思います!

             

            | 南城眼科 | レーシック | 12:06 | comments(0) | - |