南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
<< シベリアンスカンクさんから5周年のお祝いいただいちゃいましたー! | main | LASIK前のコンタクト >>
鳥目(夜盲症)について
0

    門松明けましておめでとうございます門松

    南城眼科は

    2017年1月5日(木)より診療開始となります。

    今年度も南城眼科スタッフ一同宜しくお願いいたします。

    今年は酉年鳥ですね。

    今回は酉年にちなんで鳥目について紹介したいと思います。

    一般に鳥類は「鳥目」といって、夜になると目が見えなくなるため

    活動できず、巣やねぐらに帰って寝ているものだと考えられています。

    その鳥の特性に似ていることから、人間でも夜になると見えづらくなる

    症状がある人を「鳥目」と言ったりします。

    鳥目とは本来ニワトリのことを指したものをいいます。

    ニワトリは元々視力がとても弱い生物なので、暗闇ではほとんど見えません。

    人間の「鳥目」の本来の名称は「夜盲症」といいます。

    夜盲症ってどんな病気?

    明るい所から暗い所に入ったとき、最初はよく見えなかったが時間が経つと

    暗さに慣れて見えるようになってくるという経験は誰でもしたことがあるのでは

    ないのでしょうか。これを「暗順応」といいます。この機能が上手く働かず、

    暗い所で見えにくいままの状態になってしまう病気を夜盲症といいます。

    【症状】

    夜盲症の代表的な症状は、暗い所や夜になると見えにくくなることです。

    暗い所では見えにくいのですが、明るい所では普通に見えるので、夜盲症が

    あっても気づかない場合もあります。暗い所になるとつまずいたり、よく

    物にぶつかったりするといった症状で「おかしいな…」と気付く場合もあります。

    子供の場合は特に自分の口で上手に症状を伝えることができないため、発見が

    遅れてしまうことがあります。お子さんが暗くなると見えにくそうにしていることが

    ないかなど、周囲の大人が子供の以上に気付いてあげることが大切です。

    夜盲症はどんな見え方?

    例えば上映中の映画館に入ると中は真っ暗ですが、しばらくすると暗さになれて

    少しずつ見えるようになってくると思います。お化け屋敷などに入ったときも

    同じです。ところが、夜盲症の場合には暗順応がうまく機能せず、暗い場所に

    入ってすぐの「暗い」と感じる状態のままで、周囲が見えるようにはなりません。

    夜盲症の原因となっている病気によっては、暗順応が極端に遅い(3〜4時間かかる)

    ものの時間の経過とともに少しずつ目が慣れてくることもあります。

    その為、全ての夜盲症が暗い所で全く見えないというわけではないです。

    夜盲症の見え方は、実に人それぞれなのです。

    【原因】

    夜盲症には先天性夜盲症と後天的夜盲症があります。

    その中でも先天性夜盲症はさらに

    ・先天性進行性夜盲症と

    ・先天性非進行性夜盲症に分けられます。

    《先天性進行性夜盲症》

    幼児期に始まり少しずつ進行しながら、最終的には視野が狭くなったり、視力低下していきます。

    先天性進行性夜盲症として代表的なのは、網膜色素変性です。光を感じる網膜に異常がみられる

    遺伝性の病気です。難病指定されている疾患です。

    《先天性非進行性夜盲症》

    幼児期に夜盲症があっても進行はせず、視力低下や視野には異常をきたしません。

    その為、暗い所以外ではごく普通の日常生活が送れます。

    《後天性夜盲症》

    原因としてはビタミンA欠乏症や、網脈絡膜炎などの網膜疾患があります。

    戦前に比べると現代の食生活は改善されているので、ビタミンA欠乏症による

    夜盲症は近年ではあまりみられません。

    夜盲症であったとしても、明るいところでは視力があり普通の生活をしているので、

    なかなか気付かない場合も多くあります。しかし暗い場所になると極端に他の人

    よりも見にくくなってしまうので、暗闇での独り歩きは危険です。周りが

    気づかって手を引いてあげたり、腕を貸してあげたりしましょう。

    | 南城眼科 | - | 15:53 | comments(0) | - |