南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
<< 強度近視と言われたことがある方へ | main | Am I a good candidate for the laser eye surgery? >>
はやり目について
0

    皆さんこんにちは〜

    沖縄の行事の1つであるお盆も一段落しましたね。

    エイサーにおいしいくゎっちーと楽しいお盆を過ごせましたか?

    さて。皆さん、最近急に目が充血したり目脂が増えたりしていませんか?

    当院では保育園に通っている小さいお子さんを中心に、そういった症状を訴える方が目立つようになりました。

    実は最近沖縄南部ではやり目(結膜炎)が流行しているようなんです。

     

    ↑こんな目になっていたら要注意!

     

    一言で「結膜炎」とはいっても、いくつか種類があり、なかには人にうつるものもあります。

    結膜炎は大きく分けて

    ヾ鏡性結膜炎

    ▲▲譽襯ー性結膜炎

    があります。基本的に,うつるタイプ、△呂Δ弔蕕覆ぅ織ぅ廚任后

    感染性結膜炎は病原微生物(細菌、ウイルスなど)の感染により生じます。

    今回はそのなかでも「流行性角結膜炎」、「咽頭結膜炎」についてご紹介します。

     

    <流行性角結膜炎(はやり目)とは>

    ・原因:アデノウイルス(8.19.37型)

     

    ・症状:充血・流涙・異物感・眩しさ

     

    ・潜伏期間:約1週間

     

    ・治療:有効な治療法はない。二次感染防止のために抗生物質を点眼し経過観察

     

     

    <咽頭結膜炎(プール熱)とは>

    ・原因:アデノウイルス(3.4.7.11型)

     

    ・症状:充血・流涙・異物感・眩しさ・発熱・喉の腫れ

     

    ・潜伏期間:5-6日

     

    ・治療法:有効な治療法はない。二次感染防止のために抗生物質を点眼し経過観察

     

     

    予防や感染拡大の防止の対策としては、

    ・感染者との接触(タオルの共用など)を避ける

    などが有効です。

    ・手洗いの徹底

     

    【感染性結膜炎が疑われる場合の当院の治療の流れ】

     

    受付にて症状確認

      ↓

    専用席にご案内

      ↓

    診察(アデノチェック) 

    ※感染が確定すれば通園は禁止になります

      ↓

    会計

      ↓

    薬局にて目薬処方

      ↓

    約1週間後に再度受診

     症状に応じて次回以降のご案内

     

    (※アデノチェックとは:

    ウイルス感染の有無を調べる検査です。

    下瞼の中を綿棒のようなものでこすり、薬剤をつかって判定します。約15分ほど待機時間が必要です。)

     

     

    感染性結膜炎は放置すると黒目に混濁が生じ、さらに視力低下にもつながるケースがあります。

    勘違いされやすいですが、目薬をさせば改善するというわけではありません!

    感染率も高く、職場やご家族に広がってしまう可能性も高いです。

    特に小さいお子さんがいるご家庭は気をつけてあげてくださいね。

     

    少しでも気になる症状があれば早めの受診をおすすめします。

     

     

     

    | 南城眼科 | 眼の病気 | 11:33 | comments(0) | - |