南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
<< 保険診療と自由診療 | main | はやり目について >>
強度近視と言われたことがある方へ
0

    最近の天気はコロコロ変わり、偏頭痛や

    洗濯物の取り込みに悩ませれている方も多いのではないでしょうかゆう★

     

    当院ではLASIKやオルソケラトロジー希望の受診患者様も多く、視力についてお話しする機会も多く

    時々、強度近視との診断でLASIKもオルソも不適応となってしまう患者様もいらっしゃいます。

     

    そもそも「強度近視」って何? そんなに大変な事なの? と思われた方もいるかと思います。

    眼球はピンポン玉位の大きさの球体ですが、近視が進むと眼球が長くなります。(眼球の長さを眼軸長といいます)

    眼軸長が長くなるほど近視が進みます。

    -6Dからは強度近視に分類されます(-1D〜-3D軽度 -3D〜-6D中度 -6D以上強度近視)

    ※コンタクトレンズの箱や眼鏡の処方箋などに記載されていますよ〜Docomo102

                         

    眼軸長.jpg       

     

    強度近視と言われたことのある方は・・・・。

    強度近視が要因で目の病気を引き起こしてしますことがあります。

    1)飛蚊症

    2)網膜剥離

    3)緑内障

    4)白内障

    5)黄斑部変性   など

     

    最近では文明病の一種として近視の人は増えまた、近視による利点もありますが

    強度近視になると日常生活上不便になり目の病気も引き起こしてしまう事もあります。

    強度近視と言われたら1年に1度は眼科受診をお勧めします。

    | 南城眼科 | 眼の病気 | 11:40 | comments(0) | - |