南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
<< どうぞご利用下さい! | main | 紫外線と目 >>
眼鏡・コンタクトユーザーの災害時への備え
0
    このたび熊本地震により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
    一日も早い復興が出来るよう願っています。

    そんな今回は、いつ起きるかわからない災害に備えて、
    眼鏡・コンタクト使用している方に対して災害時への備えについて
    お話していこうと思います。
    防災グッズを備えている方は多くいらしゃると思います。
    水や食糧だけでなく、ラジオ・懐中電灯・タオル・ライターなど
    災害に備えておくべき物はたくさんありますね。
    しかし、災害時に遭遇することを想定した時、いちばん最初に
    必要なものがあります。それは「視力です」。
    普段メガネやコンタクトレンズを使用されている方の中で、いざという時の
    ために「視力」を確保しているという人はどのくらいなのでしょうか?
    人間は情報の約90%を視覚から得ています。「見えない」ということは
    情報の90%を失うと言い換えることができますね。
    常にメガネやコンタクトレンズをしている人は、普段の生活において裸眼では
    困ることが沢山ありますよね。
    災害時であればなおさら、何も見えない中で避難するのは危険が伴います
    し、「見えない」ことは致命的と言っても過言ではありません。
    しかし、もし夜寝ている間に災害が起こったとして、実際にメガネやコンタクトレンズ
    を持って避難できる人はどれだけいるでしょうか?
    阪神淡路大震災の時には、災害が起こったのが朝方だったこともあり、
    何も持たずに布団から飛び出て避難した人も多かったようで、メガネ不足
    が起こったと言われています。
    また、東日本大震災の時には、避難生活をしている人の中にも、メガネ
    もコンタクトレンズもなく生活に支障を来している方が多くいらっしゃったと
    報道されました。
    視力の悪い人にとっては、メガネやコンタクトレンズは食糧や水と同様に「生きていく
    上で必要な物」なのです。

    ◆災害時に備えておくこと
    では、突然の災害に備えて、視力を確保するにはどうしたらよいのでしょうか?
    メガネ・コンタクトレンズユーザーの方は、もしもの時に備えて以下のような
    準備をしておくことをお勧めします。

    〈まずはメガネを枕元に〉
    寝ている時に地震が起きた場合に備えて、寝ている時には枕元のすぐ手が届く
    所にメガネを置いておきましょう。そうすれば、すぐにメガネを掛けて、必要な
    行動をとることができます。
    阪神淡路大震災の時には、枕元に落ちてきた物でメガネが壊れて使えなかった方も多く
    いらっしゃったとのことです。枕元の上には物を置かないようにしたり、
    メガネケースに入れて置いておくと良いかもしれませんね。

    〈防災グッズにメガネを〉
    予備のメガネや複数のメガネを持っている方は、非常時に持ち出す防災グッズの中に
    メガネをいれておきましょう。そうすれば、メガネを忘れることもありませんし、
    もしもメガネが壊れた場合にも対応できるでしょう。

    〈プラスチックレンズがおすすめ〉
    メガネにはガラスレンズとプラスチックレンズがありますが、プラスチックレンズは
    ガラスレンズに比べて割れにくく、もし割れた時も粉々に破片が飛び散りにくく、安全
    です。ガラスレンズのメガネのみを所有されている方は、この機会にプラスチックレンズ
    のメガネを作っておくことをおすすめします。

    〈メガネを点検しておきましょう〉
    メガネが壊れて困ってしまうことをなるべく防ぐために、眼鏡店でメガネの点検をしてもらうと
    安全です。ネジが緩んでいないか?ナイロールと呼ばれる下もしくは上半分ふちなしの
    タイプなら、レンズを固定する糸がゆるんだり弱っていないか?など、眼鏡店に持って
    いけば、点検や修理、パーツの交換など、出来る限りのことをしてくれるはずです。

    〈コンタクトレンズユーザーの方は〉
    日本コンタクト学会では、衛生面を考えて出来るだけメガネに切り替えるよう通達しています。
    コンタクトレンズの装用は、水道水が使用可能となり、安定した医薬品の供給がされ、
    眼科医への受診が可能な状況が揃うまでは中止するよう呼びかけています。コンタクトレンズ
    ユーザーの方は、非常時の防災グッズにいつも使っているコンタクトレンズや保存液をいれておくとともに、
    メガネも準備しておくことをおすすめします。





     
    | 南城眼科 | その他 | 17:35 | comments(0) | - |