南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
<< 8/24 台風の影響による休診のお知らせ | main | 飛蚊症とは? >>
あなたの目の奥は大丈夫?
0
    8月も半ばをすぎ夏休みも後半戦ですね鳥晴れ
    学生のみなさま、宿題読書の進み具合はどうですか汗!?
    まだまだお祭りに、ビーチパーティと楽しいイベントが盛りだくさんですときめき
    残り少ない夏休みをエンジョイしてください!


    さてひらめき
    皆様は職場の健康診断や人間ドックなどで
    「視神経乳頭陥凹疑い 眼底要精査」といった指摘を受けたことがありますか見る

    視神経というのは目の奥にある脳と目をつなぐ神経のことです。
    眼の奥にはたくさんの神経が束になって入っていく入り口(視神経乳頭)があり、その部分が通常よりも凹んでしまっているのではないか?という指摘しているものです。凹みが大きいと緑内障が疑われ、大きくなるにつれて病状が進行している状態です。





    この指摘を受けて眼科を受診される方も多いのですが、今回はその際に行う検査の内容についてご紹介します拍手


    まずは「眼底カメラ」カメラ
    パシャッどんっと眩しい光を目にあてる機械です。
    しばらく残像が残るので、苦手な方もいらっしゃるかと思います。
    あれで何をしているかというと、目の奥の写真を撮っているんです。
    こんな感じで撮影されます虫眼鏡

    ↓↓↓ 右目 ↓↓↓



    先生が診察で見ているものはこのような画像なのですが、
    どちらも正面の状態なので平面的にしか見ることができません。
    当院ではもう一つ、眼底を撮影する機械があります。

    その名も「OCT(光干渉断層計)」王冠2
    眼底カメラ・診察室でみるのとは違い、網膜の断面を見ることができるようになり、色調や表面の形だけでは診断できなかった網膜の病気の診断が可能になりました。イメージとしては3Dにして眼底の状態をみることができる感じです。
    つまり、眼底カメラだけではわかりにくい初期の眼底疾患(たとえば網膜剥離など)の発見につながることもあるんです!すごいですよねグッド最初みたとき、感動したのを今でも覚えていますラブ

    ↓↓↓正常だとこんな感じに見えます。↓↓↓



    ↓↓↓一方こちらは疾患のある眼底です。↓↓↓
    カメラの画像では一見問題なく見えますがOCT画像では黒い影が写っているのが分かります(赤丸の部分)。





    また、OCTでは網膜の薄さも測定できます。
    そのため早い段階で緑内障の予見などにつながることがありますぴかぴか


    このようにして撮影した眼底カメラやOCTの画像をもとに、
    先生が診察室で現在の眼の状態についてお話します聞き耳を立てる
    経過観察になる方もいますし、治療が必要な方に関しては
    今後の方針について相談していただくことになります病院

    指摘を受けた・受けていないに関わらず、目の奥について気になる方は
    ぜひ一度南城眼科へお越し下さいジョギングジョギングジョギングジョギング
    | 南城眼科 | 検査関連 | 08:14 | comments(0) | - |