南城眼科Blog

患者様サービス向上のため日々努力する眼科スタッフのブログ
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
qrcode
LASIK前のコンタクト
0

    こんにちはキャラメル・パインちゃん@ぴよたま

    急に寒さも出てきて沖縄もようやく

    冬らしくなりましたね〜雪雪

    みなさん風邪など気を付けてください

     

    LASIK手術を考えているかたは、普段コンタクトレンズやメガネで
    生活されている方がほとんどだと思いますオレンジ


    当院に適応検査を受けに来られる方のほとんどがコンタクトやメガネを煩わしく思い、
    手術を希望される方がほとんどですまーく


    コンタクトやメガネから解放されたいけど・・・

     

    『適応検査にコンタクトして行って良いの?』

     

    『手術までコンタクト装用はダメなのかな?』

     

    といった質問もよく聞かれるので今回はこのLASIKとコンタクトに関するお話を
    していきたいと思います手


    まずは当院でLASIKの手術を希望される方は

    はじめに適応検査を受けて頂き、その後 術前検査、手術の流れとなっております。


            四葉のクローバーコンタクトレンズの装用中止期間四葉のクローバー


    適応検査 →→→ コンタクト装用したまま受診して頂いて大丈夫です。

     

     

    術前検査 →→→ソフトコンタクトを装用している方は術前検査の3日前から装用中止
           ハードコンタクトを装用している方は術前検査の3週間前から装用中止


     

     手術  →→→術前検査同様に手術の3日前からコンタクト装用中止となっております。ですが、術前検査前にコンタクトを 

           装用中止して頂いているので引き続き手術日まで装用中止をお勧めしております。

     

     

    なぜコンタクトをできる限り長く装用中止をお勧めするかというと・・・

     

     

    コンタクトを装用すると、角膜の形が変わってきます。
    角膜の形状が変わっていると術後の結果にも影響してくる可能性があるからです。

     

    当院では適応検査・術前検査・手術当日の3回は必ず検査があります。

    そこで角膜の形状がそれぞれ違っていたり、視力の変動があった場合は手術を中止・延期し

    追加での検査をお願いする場合があります。

     

    一度削った角膜は元に戻せないからこそ、慎重に検査をしていきます。

     

    LASIKは手術時間も短くあっという間に終わる手術ではありますが、安全に正確な手術を行うためにも
    コンタクトの装用期間はとても重要ですびっくり


    もし手術を早めにしたい〜と検討しているのであれば、適応検査の前から早めにコンタクトを装用を
    中止した方がご案内もスムーズにできるかも知れませんおかお(幸せ)

     

    何か気になる事があれば南城眼科までお問合せ下さいheart

     

     

    | 南城眼科 | レーシック | 11:13 | comments(0) | - |
    A-PRK
    0

      今年も、もう12月ですねクリスマスクリスマス

       

      今回は屈折矯正術の中のひとつA-PRKについてのお話です目

       

       

      ◎A-PRK◎

      点眼麻酔をした後に薬剤を用いて角膜上皮を取り除きます。

      その後に近視、乱視の度数に合わせて、角膜実質にレーザーを照射していきます。

      取り除いた角膜上皮が再生するまでの間は痛み(ごろごろ感)があります。

      痛みをやわらげ、上皮の治りを助けるためにソフトコンタクトレンズを装用します。

      フラップを作らない為、直接眼に衝撃が加わる可能性があるスポーツ(ボクシング・格闘技など)

      される方に適しています。

       

      術後に

      ・1週間視力が出づらい

      ・約、1週間運転不可

      ・2〜3日痛み(ゴロゴロ感)がある可能性あり

      ・3ヶ月保護用メガネ使用(紫外線・上皮混濁予防の為)

      ・半年以上目薬継続の可能性あり(上皮混濁予防の為)

      こういった矢印矢印矢印矢印注意事項があります。

       

      <メリット>目きらきら

      ★角膜の切除量が少なく済む

      ★角膜の薄い人でも手術が可能

      ★角膜内部への影響が少ない

      ★乱視、遠視の矯正にも有効

      ★術後の角膜強度が保てる

      ★フラップ作成に伴う障害がない

      ★ハロー、グレア(光の羞明感)などの副作用が出にくい

       

      <デメリット>

      ☆角膜上皮の再生まで痛みが伴う

      ☆角膜表面の保護用コンタクトレンズを装用しなくてはならない

      ☆手術後に角膜が濁り(HAZE)が出る可能性がある

       

       

      A-PRKは、前述したように、「2〜3日間はゴロゴロ感がある」「視力回復が遅い」「角膜上皮混濁の予防の為に、数ヶ月間は紫外線から眼を保護しなくてはいけない」などの欠点があり、レーシックの方がすぐれているような気がしますが

       

      ちょっと!小耳にはさみました

      実は米海軍、兵隊などのパイロットにも許可されるほどの安全性が高く、視力が安定するまでには1週間ほど

      かかりますが、安定すればスッキリ感も良く元の角膜と同じ構造を保つことができるため強度も保つ事ができ、

      非常に優秀な術式とも言われています。

      PRKのほうが医学的には優れていますが、レーシックのほうが回復が早いので患者様に選択されやすいんですね。

      冬休みにレーシックを検討されている方はPRKも選択肢にいれてみるのもいいと思います!

       

      | 南城眼科 | レーシック | 12:06 | comments(0) | - |
      LASIKと円錐角膜
      0

         

        みなさま、こんにちはにこちゃん


        気づけば もう神無月・・

        無性にお団子だんごだんごが食べたくなる季節ですね。


         

        今回はLASIKと円錐角膜についてお話しさせていただきたいと思います。


        当院にLASIK希望で受診された際、円錐角膜の可能性が高いためLASIK不適となる方が時々いらっしゃいます。

         

         

        なぜ、円錐角膜はLASIKをしてはいけないのでしょうか・・・


        それは、円錐角膜の方がLASIKをしてしまうと角膜強度が低下し症状が進行してしまう危険性があるからなのです。


        悪化してしまうと最悪 角膜移植をしなければならない・・


        なんてこともあるんですよ。


         

         


        円錐角膜とは?


        角膜が非炎症性に角膜中央やや下方が円錐状に突出、非白化する病気です。

         

        [横から見た正常な眼の形]       [横から見た円錐角膜の眼の形]

        ※通常の眼と比べ円錐角膜の眼が突出しているのが分かります。                  

         

        発生進行すると視力低下・歪んで見える・変形して見える・二重に見えるといった
        強い乱視による症状がでてきます。

        発生率は日本人男性で8000人に1人、女性で2万2000人に1人程度と言われており男性に多いとされています。

        多くは10代で発症し、以後少しずつ進行していきますが、30代以降は通常あまり大きく進行しないと考えられています。

        左右差はあるが両眼性であることが多いです。

         

         

        当院ではLASIK適応検査の時点で角膜形状解析にて角膜に異常がないか調べます。角膜形状解析で異常がでた方は更に

        角膜トポグラファーにてより詳しく角膜形状解析を行い円錐角膜かを診断しています。

        その検査で円錐角膜の可能性が高いと診断された場合は残念ながらLASIK不適となってしまいます。

         

        [一般の角膜形状]           [円錐角膜の角膜形状]  

        ※角膜の形状が異常だと黄・赤文字で数値が表示されます。円錐角膜の図を見て頂くと下方に異常があるのが分かります。

         


        では、円錐角膜になったらどうするの?


        円錐角膜の視力矯正は基本的にハードコンタクトでの矯正をします。軽度なら通常のハードコンタクトレンズで、

        ハードコンタクトレンズで矯正困難になれば円錐角膜用レンズ(当院では取り扱っておりません)が必要です。

        それでも矯正が困難になった場合は角膜移植をする以外治療法がありませんでした・・・

         


        しかし、近年 角膜リングや角膜クロスリンキングといった円錐角膜の新しい治療法が開発され、

        その治療法を行っている病院もでてきています。


         

        円錐角膜は初期段階ではなかなか気づきにくいようです。

        LASIKを悩んでいらっしゃる方、まずは気軽に検査だけでも受けてみることで

        あなたが気づいていない病気が早期発見出来るかもしれませんよくろーばー

        | 南城眼科 | レーシック | 08:06 | comments(0) | - |
        LASIKと緑内障
        0

          こんにちはもみじ

          今年の夏は台風もなく みなさんもたくさん楽しめたのではないでしょうかるんるん

          9月に入り次は秋が楽しみですね〜ぴかぴか

           

          今回は緑内障がある場合はLASIK出来ないの!?という疑問についてお話ししていきます!!

           

          まずは緑内障とは ・・・

          眼の奥の後ろにある視神経が眼圧により圧迫され 視野が狭くなっていく病気です。

           

           

          すでに緑内障にかかっている場合は、LASIKをお勧めしていません。

          なぜかというと・・・

           

          LASIK手術ではフタの役割をするフラップを作成する時に眼球を固定するため、眼球に吸引をかけます。
          その際 一時的に眼圧が上がってしまうのです。緑内障のかたは一時的であっても眼圧を上げてしまうと

          視神経を傷めてしまう可能性があります。

           

          そのため緑内障と診断されている場合は、LASIKをお勧めしていないのです。

           

           

          それに緑内障は眼圧のコントロールがとても大事とされていますが、LASIK後は眼圧が本来の数値よりも

          低く判定されてしまうので、緑内障の管理がしづらくなってしまうのです。

           

          当院では手術前に眼の状態を知る為にも しっかりと検査を行っており、少しでも緑内障や眼の奥の状態で

          気になる事があれば追加検査や治療のフォローも行っておりますので安心して手術を受けることが出来ますおはな

           

          ちなみにLASIKの適応検査や術前検査で緑内障疑いがあった場合は
          この様にOCT(眼底三次元画像解析)で視神経の状態を見てみたり・・・

           

           

           

          HFA(静的量的視野検査)で視野の状態を確認したりします。

           

           

          これらの追加検査等で問題なければLASIKもしくはA-PRKの手術が可能となる場合があります星

           

           

          LASIKを検討しているけど眼の状態も気になる〜という方はいつでもご相談下さいチューリップ

           

          | 南城眼科 | レーシック | 08:14 | comments(0) | - |
          妊娠中・授乳中のLASIKについて
          0
            ハーリーの鐘が鳴り やっと晴れ晴れとした青空みられるようになりましたね。
            暑さに弱い私ですが夏バテしないよう頑張ります!!
             

            さて、今回は妊娠・授乳中のLASIKについてお話しさせて頂きます。
            産休・育休中のうちにLASIKをお考えの方もいらっしゃると思うのですが・・・
             
            残念ながら妊娠・授乳中の方はLASIKをうけられません。
             
            妊娠・授乳中の女性はなぜLASIKを受けられないのでしょう。


            ☆理由その 
             妊娠・授乳中はホルモンバランスが乱れやすく安定していません。
             その為、ホルモンの影響によって視力が変動する可能性があるのです。
             実際に、妊娠して視力が低下したという方もいらっしゃるようです。
             もちろんホルモンによる視力変動は個人差がありますので、妊娠・授乳期間を通じてまったく変化しない方もいます。
             ですが、視力変動のパターンが読みにくい妊娠・授乳中のLASIKは、通常に比べリスクが高くなってしまうのです。
             

            ☆理由その
             LASIK手術後に処方される点眼薬等に、妊娠・授乳中に使用することについて安全性が確認されていない
             お薬があります。使用したことによりどのような影響があるのか等が確認されていないのです。
             その様なお薬を使用するのは不安ですよね。


            これらの理由から、リスクを最小限に抑えるために、南城眼科では妊娠・授乳中のLASIKを受け付けていません。
             

            じゃあ いつからLASIKは可能なの?ということになりますが
            断乳の時期になると、女性ホルモンのバランスも比較的安定してくるため、LASIK手術を受けることが可能になります。
            当院では授乳終了後、最低3ヶ月あけてから(6ヶ月以降推奨しています)手術可能としています。
             
            さらに南城眼科ではLASIK手術後、最低3ヶ月あけてから(6ヶ月以降推奨)妊娠可能としています。
            その理由は...


            術後、視力が安定するまでに数カ月かかる方もいらっしゃいます。
            その不安定な状態で妊娠してしまうと原因が解りづらくなってしまうという事があります。

            また妊娠による角膜の剛性低下の可能性も指摘されています。
            このことから角膜・視力が安定してから妊娠するのがベストと考えているからです。



             LASIKは角膜をレーザーで削る手術です。削ってしまったものは元に戻すことはできません。
            だからこそ、より安全・万全な状態で手術をうけましょう!!
             
            | 南城眼科 | レーシック | 11:47 | comments(0) | - |
            川田さん、まーりーさん、狩俣さんのOPEレポート!
            0
              はいさい!
              ついに先日ラジオでご縁のできたガレッジセール川田さん、くだかまりさん、そして狩俣倫太郎さんが南城眼科でレーシック手術を受けられました!!

              まずは倫太郎さん
              karimata1.jpg
              男前ですねー。

              opemae1.jpg
              手術前でおびえるテイのおふたりー、からのー

              opemae2.jpg
              テンションマーックス!

              次に川田さんの番
              kawatadore-pu.jpg
              ドレーピングというラッピングみたいなことを行います。

              kawataope1.jpg
              まーりーさんがしっかり手をにぎってくれていますよ。

              opego1.jpg
              よっしゃばっちり終了

              rikabarikawata.jpg
              安静におやすみください。

              maridore-pu.jpg
              さあ、まーりーさんの番ですよー

              mariope.jpg
              なぜかキャンさんが手をにぎってくれました。
              これが安心するんですよ。

              mariopego.jpg
              やたー、おわったー。

              ope1day.jpg
              これは翌日の写真です。
              検査結果もばっちり。
              みんなよく見えてますよー。

              みなさん、新しい年はいい視力で迎える事ができますね!

              南城眼科は29日の午後から年末のお休みにはいり、年始は1月4日からの診療となります。
              皆様よいお年をお迎えください。
              | 南城眼科 | レーシック | 11:24 | comments(0) | - |
              ラジオでおなじみの方々が南城眼科にやってきたー!!
              0
                メリークリスマース!!
                みなさんサンタさんからプレゼントはもらいましたか?
                いい子にしてればきっとプレゼントもらえるはずー、という訳で今回はサンタのごとく南城眼科にいらっしゃった方のご紹介です。



                RBCのミュージックシャワーでおなじみ、狩俣倫太郎さんとくだかまりさん、真ん中は放送作家のキャンさんです。
                まーりーさん、キャンさんには当院提供の「みーぱちパーチ」でお世話になっています!
                まーりーさんは、なんと10年前にスペインで!!レーシックを行っていたのですが、最近近視がもどってきたのでお友達巻き込んでのレーシック適応検査となりましたー。


                みんなで仲良く検査中。


                まーりーさん、視力検査中にどこみてるんですか?


                がっつり森山院長に診てもらってのー


                うん、勢いがあってよろしい!!


                倫太郎さんともパチリ。

                そして!!!

                こ、このかたは…


                優位眼検査か・ら・のー


                はい、パチリ。やっぱりいい人だあ。

                来年も「みーぱちパーチ」と南城眼科を宜しくお願い申し上げます!!
                皆様、良いお年をお迎えください!
                | 南城眼科 | レーシック | 17:11 | comments(0) | - |
                レーシックについてよく聞かれる質問・その
                0
                  こんにちは矢印上き
                  年末年始はいかがお過ごしでしたか?
                  おいしい料理に、中味汁、イナムルチー、お餅など
                  普段よりつい食べ過ぎて体重が増えたりしていませんかDocomo108

                  ・・・安心してください!私のことですよ!笑

                  眼も含めて体調管理には十分に気をつけて2016年も頑張っていきましょうねうさこ手


                  さて、レーシックについてさまざまな質問をお受けするのですが
                  その中から1つご紹介します。

                  「再手術はできますか?それとも一回限りですか?」

                  こちらもすごく心配ですよね。
                  レーシックを受けた後、近視が進行したらどうしよう…
                  なんて、どなたでも考えてしまうことですよね。

                  答えから先に言うと、角膜の厚みは人によって違い、近視の程度によっても
                  角膜の切除量は変わるので再手術できるかどうかは「ケースバイケース」です。

                  まず、レーシック再手術が必要なケースは、ほとんどの場合で視力の低下となります。
                  (手術後の視力低下の原因については2015.09.10の同ブログにて紹介しています)
                  再手術ができるかできないかはその時の患者様の眼、身体の健康状態によるため、
                  その時点での問診や再手術前のさまざまな検査結果で可能かどうかの判断をいたします。
                  大事な要素としては角膜の厚さが十分あるかということになりますが、
                  最初の手術の際に、角膜の厚みがぎりぎりで手術後に計算上再手術できないだろうと
                  おもわれる方には事前にお知らせしてそのリスクをご自身でご判断いただいています。

                  続きまして、再手術の費用に関しましては、
                  当院で最初の手術を受けた方に限り、手術後5年間は無料で受けることができます。
                  なお、他院でレーシック手術をされた方の再手術費用に関しましては
                  レーシックの通常料金となりますのでご注意ください。

                  また、当院の適応基準改定により、特殊なケースでは5年以降も無料で受けることができる場合があります。
                  新しい適応基準では20歳代、30歳代、40歳代以上の年代で区別し、若年層の角膜の厚みの適応基準を厳しくしました。
                  理由としましては、術後合併症の一つの角膜エクタジアの発症率と関係します。
                  角膜エクタジアとは、レーシック手術後の角膜が薄い状態で、角膜強度の低下により、角膜が変形してしまう病気です。
                  その角膜エクタジアは、非常に発症率の低い合併症の一つですが、若年層では発症率が比較的高いというデータに基づき、
                  眼科医会のガイドラインよりも角膜の厚みについての適応基準を厳しくしました。
                  そのことにより、20歳代や30歳代の方が不適応となった場合でも、数年後には年代が変わり、適応となる場合もありえます。
                  また再手術についても同じく角膜が薄く5年以内では不適応でも年代が変わり適応となるケースもあり得ます。
                  その際は、最初の手術から5年以上経過しても再手術費用は無料とするケースがございます。
                  詳しくはどうぞお気軽にご相談ください。






                  いかがでしたか?
                  医学は日々発達し進化しています。
                  南城眼科では最善の医療を提供できるよう、スタッフ一同、努めてまいります。
                  どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいね。

                  次回の更新もお楽しみに〜手
                   
                  | 南城眼科 | レーシック | 08:37 | comments(0) | - |
                  レーシックについてよく聞かれる質問・その
                  0

                    こんにちは。
                    あっという間に11月・・・今年もいよいよ2か月きりましたねにた
                    早いところでは今月あたりから忘年会もあったりするのかな?
                    来月にはクリスマスもあって年末は毎日ワクワク、ドキドキで楽しいですよね手

                    さて今回は、レーシックについてよく聞かれる質問をなんと5つまとめてご紹介しますエクステンション
                    手術に関する質問から車の運転に関することなどレーシックを受ける方には
                    絶対に知っていただきたいことをまとめてみましたのでお見逃しなくkirakira2



                    ・健康保険は使えますか?
                    残念ながら、健康保険の適用はありません。
                    しかし、生命保険の契約内容によって給付が受けられる場合があります。
                    ご自身の加入されている保険会社に問い合わせてみてくださいね。
                    給付が受けられる場合、保険会社から専用の診断書を送ってもらうことになります。
                    この診断書への記載には5400円かかりますのでご了承ください。


                    ・手術後の車の運転は何日後から可能ですか?
                    基本的に手術翌日の検査や診察で問題なく、視力が改善していれば可能です。
                    手術後は人によっては夜間に対向車のライトがまぶしく感じる場合がありますので、
                    慣れるまでは夜間の運転はなるべく控えてくださいね。
                    また、運転免許証の条件に「眼鏡等」とある場合、条件解除の申請が必要になります。
                    手術後に条件解除の申請をしていないと、罰則金や減点の対象になるので
                    手術後は早めに切り替えるようにお願いします。


                    ・仕事はいつから可能ですか?
                    こちらの質問も多いですね。
                    お仕事との日程調整がうまくいかないとレーシック手術を受けたくても難しいですよね。
                    デスクワークなど室内作業については手術翌日の診察終了後から可能です。
                    ただし、ハードワークや屋外での作業は3日〜1週間後が目安になります。
                    職種により異なりますので、手術前に医師にご相談ください。



                    ・手術中にまばたきしてしまったり、目を動かしてしまいそうで不安ですが大丈夫ですか?
                    こちらの質問もほとんどの方が心配することですよね。
                    答えは・・・ご安心ください。
                    手術中は開瞼器という目を開く器械を使用しますのでまばたきをすることはできません。
                    また、レーザーの機械には黒目の動きを追跡する機能がついてますので、
                    多少目が動いてしまっても大丈夫です。
                    でも、レーザーの照射効率が悪くなることもあり得ますので動かないに越したことはありません。
                    詳しくは2015.03.10に同ブログにてご紹介していますので是非ご覧ください。


                    ・手術中は痛みがありますか?
                    とても不安ですよね。目の手術ですから不安にならないわけがありません。
                    しかし!こちらもご安心ください。
                    手術前に麻酔の目薬をしますので、手術中の痛みはほとんどありません。
                    手術の際に上記の質問でも紹介しました、目を大きく開く器械を装着するため、
                    違和感や触られている感じ、押される感じはわかります。
                    手術中も麻酔の目薬を追加しながら行いますので、どうぞご安心ください。
                    手術後に関しまして個人差はありますが、麻酔の効果が切れてくると、
                    目が開けにくいような痛みがある場合があります。
                    その場合は手術当日に痛み止めの目薬もお渡ししますのでご使用ください。




                    いかがでしたか!?
                    些細なことでも構いませんので、いつでも気軽にご相談くださいねにた矢印上
                    それでは次回の更新もお楽しみに〜手きらきら
                     

                    | 南城眼科 | レーシック | 08:30 | comments(0) | - |
                    田嶋はるさんが南城眼科でA-PRKを受けました!
                    0
                      WPMFミニフライ級世界王者
                      CROSSxLINE所属のキックボクサー「蹴りたがる女子」
                      田嶋はるさんが南城眼科でPRK手術を行いました。

                      今日は1day検査、術後経過は良好で何よりです。
                      さすがにLASIKと違って、翌日は痛みもあるし、「眩しい、眩しい」と大変ですが、こんな笑顔を見せてくれました。
                      すでに両目で1.2の視力になっていますが、これから上皮細胞が再生するにつれて、さらに改善していくでしょう。

                      taj-mahar3.jpg

                      A-PRK手術というのはレーシックと違い、フラップというものを作らず、薬剤で上皮細胞をきれいにはがしてレーザー照射を行う術式です。
                      フラップを作らないので、顔をなぐられてもフラップがずれることがありませんから、軍人の方や、フルコンタクト系の格闘技を行う方に向いています。
                      また、上皮細胞のみを除去できるので、余分に実質層を切除することがなく、角膜の厚さがレーシックでは足りない人も近視矯正が可能な場合があります。
                      とても優秀な術式ですが、レーシックは翌日にはほとんど痛みがないのに比べて、1,2日は痛みや眩しさを感じます。

                      もう少しの辛抱だから頑張ってね、はるさん!

                      taj-mahar4.jpg
                      やや笑顔のぎこちない森山院長とニッコニコのはるさん(診察室にて)

                      こんな明るい素敵な「蹴りたがる女子」から直接キックボクシングを教えてもらえます!!
                      女性会員や少年会員、中高生会員も絶賛募集中のCROSSxLINEは首里にありますよー。
                      詳しくはhttp://crossline-gym.com/

                      イケメンのパンクラシスト、代表の砂辺光久さん(スッパイマン)も指導しています。
                      がっつり格闘やりたい人も、フィットネスとしてストレス発散したい方も是非!!

                       
                      | 南城眼科 | レーシック | 13:05 | comments(0) | - |